イメージ1

家庭教師と不登校

家庭教師の需要が近年落ち込んでいます。少子化に加え、個別指導塾の増加により、これまで家庭教師を求めていた層がそちらへシフトしているからです。もはや家庭教師は必要ないのでしょうか?しかし、じつは家庭教師に対する新たな重要が生まれています。それは不登校と呼ばれる生徒達への指導です。学校に籍をおいている子供が、なんらかの理由で長い期間休んでいる状態を不登校と呼び、今やその数は、全国で12万人以上といわれています。不登校の原因として多いのが、人間関係の悩み、教師への不信感、学習についていけない、その他障害や病気、家庭環境などです。学校は多くの人間と行動をともにすることで、教科の学習だけでなく、集団のルールや社会生活を学ぶ場としてとても素晴らしい役目を果たしています。その反面、集団行動が苦手だったり、なにかのきっかけでその集団から外れてしまったりする子にとっては、耐え難い環境となってしまいます。それは、大人にしても同じことで、職場や地域社会の人間関係でトラブルを起こしていやになったり、その活動に意義を見出せなくなり、やる気がなくなってしまったりした場合、その集団から足が遠のいてしまうのは当たり前のことではないでしょうか。それでも大人は職場を変えたり、組織をやめたりしてどうにかやっていきます。それが子供の場合、学校に通うのが当然、という社会通念にがんじがらめになり、一度学校という社会からはずれると、どうしても脱落者になった気がして、子も親も苦しみもがくことになるのです。子供は学校に通う以外の選択肢があまりない、もしくはそういう思い込みが、事態をより一層深刻にし、当事者たちを必要以上に苦しめているのです。

家庭教師と不登校

サンプル
不登校への対応

子供が学校に通うのはあたりまえのことでしょうか?学校へ行けない場合、どうやって学習すればよいのでしょうか?何らかの理由で学校に行けなってしまった子供が注目されるようになり、社会問題とされています。教育委員会や行政も対応取組みに力をいれています。たとえば学校におけるカウンセラーの設置、学校以外での教育支援センターの開設、フリースク・・・

サンプル
不登校専門の家庭教師

今、不登校向けの家庭教師の需要が高まっています。マンツーマン指導の家庭教師は不登校の子どもにこそぴったりの指導方法といえるでしょう。まず、その子の理解力に合わせたスピード・内容で学習を進められる、学習以外の活動や人間関係に悩まされることがない、そして、気に入った教師が見つかるまで探すことができます。集団行動が苦手な子供にとって、・・・